「リサイクル食用油」その原材料は下水道の汚水!年間300万トンが国民の胃袋へ―中国

2010年3月17日、「中国人は下水道の汚水から作られた『リサイクル食用油』を年間300万tも食べている。しかもその毒性はヒ素の100倍だ!」―国営ラジオ放送サイト・中国広播網が伝えた衝撃的なニュースは、瞬く間に中国全土に広がった。

下水道を流れる悪臭プンプンの汚水を汲み取り、これにろ過や加熱、沈殿物除去などの作業を繰り返すと、きれいに透き通った「リサイクル食用油」が出来上がる。衛生上問題だらけ、危険極まりないこの「リサイクル油」で作られた料理を中国人は食べているのだ。

湖北省武漢市の何東平(ホー・ドンピン)武漢工業学院食品科学・工程学院教授は「中国では誰もが『リサイクル油』を食べている」と断言。全国食用油標準化委員会油料油脂工作チーム長でもある何教授の試算によると、中国人は年間2250万tの動物性および植物性油脂を摂取するが、そのうち 200~300万tが「リサイクル油」であるとされ、つまり、10回の食事のうち1回は「リサイクル油」を使用した料理を食べていることになる。

この「リサイクル油」を長期摂取すると発育障害や腸炎、肝臓や心臓、腎臓などの臓器肥大、脂肪肝などを発症する恐れも。発癌性の高いアフラトキシンをも含んでおり、その毒性は砒素の100倍という医学的データもある。この「リサイクル油」は通常の食用油と外見上区別がつかず、生産コストは1t当たり300元(約4000円)。その販売価格も食用油の半値以下であることから、中国全土で広く一般的に使用されているという。(レコードチャイナ)

ひえー。マジかよ…。
コストが安いからといって下水道の泥水からリサイクルする発想が凄すぎだな(;´Д`)
これだから中国産の食品は怖いんだよなぁ…。

にしても、いつからなのか分からんが、ヒ素の毒性の100倍もあるような食用油を摂取してて今まで健康被害が出てないのかねぇ…。これも中国4000年の歴史のなせる業か(・ω・)
[PR]

  by rockside | 2010-03-21 22:55

<< 中学校校長がロリコン画像を大量... 「一企業が国家の権威に挑戦する... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE