コンテイジョン面白かった

未知のウィルス発生し世界規模で流行する話なんだけど、似たような内容のアウトブレイクのように派手なアクションなどもなく淡々とストーリーが進んでいくところが妙にリアリティがあってチト怖いね…。

始まりが「Day 2」で発生から2日目になってて、普通なら冒頭に感染源と感染者第一号の死亡の説明があって、そこから感染が広がっていくってパターンが多いのに半端な始まり方だなぁと思いつつモヤモヤしながら見てたけど、あれ?もう終わるよ!?ってところまで来ても無いまま…。
まぁ最後の最後で「Day 1」が明かされて終わるという、なかなか焦らしてくれる構成が憎い(笑)

しかし発生地らしい香港に派遣された疫学者が現地で感染してしまい、あっけなく死んでしまうのはビックリしたわ。思わず目が点になった…。

あとは「政府の発表はウソだ。WHOやCDCは製薬会社と結託してワクチンで儲けようとしてる!」等とブログで盛んに批判してた、この映画における狂言回し的な存在の陰謀論者のフリージャーナリストが面白かった。でも自分も薬草のレンギョウが特効薬だと自分のブログやTwitterで吹きまくって関連株爆上げで大儲けしてるという(笑)

この映画で「R0係数」を初めて知った。
基本再生産数(basic reproduction number)と言って「一人の感染者から感染して発症する二次感染者数の平均値」なんだそうだ。
例えば世界で4000~5000万人が亡くなったスペイン風邪はR0=2で一人の感染者が二人に感染させる。あれ。意外と低い?

にしても発生源が中国ってのはリアリティあるよなぁ。
SARS、新型インフルエンザの時も発生源が中国…。
ウィルス対策なしで治療させられる医療関係者はストを起こしたり、食料などを確保するために暴徒化する市民…。
全国民分のワクチンを用意するのに1年以上かかるとか…。

家に帰ったら手洗いは欠かさずにしようと思う今日この頃。

コンテイジョン Blu-ray & DVDセット(初回限定生産): スティーブン・ソダーバーグ, マット・デイモン, ジュード・ロウ, ローレンス・フィッシュバーン, マリオン・コティヤール, ケイト・ウィンスレット, グウィネス・パルトロウ, ブライアン・クランストン, ジェニファー・イーリー, サナ・レイサン: DVD
[PR]

  by rockside | 2012-08-25 00:25

<< 9月10日発売の週刊アスキーに... WOWOW契約してから何だかん... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE