F1 ニュージェネレーション

自動車のF1シリーズ第15戦、イタリア・グランプリ(GP)は10日、当地で53周(1周5・793キロ)の決勝を行い、ミヒャエル・シューマッハー(ドイツ、フェラーリ)が1時間14分51秒975で今季6勝目、通算90勝目を挙げた。M・シューマッハーはレース後、今季限りでの引退を表明した。(Excite エキサイト : スポーツニュース)

セナの亡き後、F1をリードしてきた絶対王者のシューマッハがついに引退を表明。
まずはお疲れさんといったところか。
シューマッハの後釜はライコネンになるそうだ。
ライコネンのフェラーリ入りは以前から噂が流れてたからなあ。
最近はアロンソを始めとした次世代ドライバーたちの躍進が目立ってたしね。
[PR]

  by rockside | 2006-09-11 11:34

<< 最近、スイフトの平均燃費計が… ボトムズ、新作アニメ製作決定 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE