シュタインズゲートが面白すぎる件 その3(ネタバレ注意

a0001281_19138100.jpg
a0001281_19134022.jpg
a0001281_1913598.jpg
a0001281_19141966.jpg
a0001281_19143658.jpg
a0001281_19145987.jpg
a0001281_19155783.jpg
a0001281_1916730.jpg
a0001281_19151757.jpg
第五章の途中までネタ満載でバカ展開が多かったが、後半から一気に超シリアス路線に。

タイムリープマシンの完成した日の夜、完成祝いの宴会中に秋葉原駅周辺で爆弾テロの予告があり、秋葉原を通過する電車が全線ストップするニュース速報ががテレビに流れ、「家に帰れなくね?」と困惑するラボメン一同。

そんな時、ラボのドアが破られ銃を持った男たちと高速の指圧師が突入してくる。指圧師は「我々はSERNの別働隊」だと言い問答無用でオカリン、クリスティーナ、ダルに「タイムマシンを回収する」「黙ってついてこい」と言い、言うことを聞かない3人に「嫌でもついてくるようにしてやる」と、まゆしぃを撃ち殺してしまう。

そんな混乱している最中に突如バイト戦士が現れ侵入者をノックアウトし、オカリンにタイムリープマシンを使えと促す。タイムリープマシンを使ったオカリンは無事にまゆしぃが死ぬ数時間前に戻るが、まゆしぃを救うことが出来ない。何度タイムリープしても、まゆしぃが死んでしまうという事実を変えることが出来ず、一人ではどうすることも出来なくなり、クリスティーナに事の顛末を打ち明けて助けを求めた。

その話を聞いてしまったバイト戦士は血相を変えて逃げるようにどこかへ行ってしまう。その行動に違和感を覚えたオカリンはバイト戦士の後を追いかけ「何故逃げる」と問いただすと、「全て自分のせいなのかもしれない」と言い全てを語り出した。自分がジョン・タイターだと、父の遺書を読んで父に会いに来たと…。


ふむ。リフターの代替がブラウン管工房にある42インチのテレビだったというオチは予想通りだったか。しかし新たな疑念が…、バイト戦士の父親ってもしかしてオカリンなんじゃね?
にしても、冒頭で死んでいたクリスティーナは誰に殺されたのか…。彼女が「タイムマシンの母」と言われているのを考えると、SERNに抵抗するレジスタンス勢力がやったのだろうか?タイターか?
クリスティーナといえば、@ちゃんねるのオカルト板でオカリンやタイターに突っかかっていた「栗悟飯とカメハメ波」って彼女だったんかいwこれは真性のちゃねらーだなw
クリスティーナかわいいよクリスティーナ!

ふー。謎は尽きぬな。
それが運命石の扉の選択か…。エル・プサイ・コングルゥ。
[PR]

  by rockside | 2009-10-23 16:37

<< 2010年卒就活生に「ゆとり世... 開会式お言葉に陛下の思いを 閣... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE