シュタインズゲートが面白すぎる件 その5(フェイリスルート終了。おもいっきりネタバレ注意

断腸の思いでバイト戦士と過ごした思い出を捨てて世界を改変したオカリン。

a0001281_14381489.jpg
a0001281_1438409.jpg
a0001281_14385633.jpg
a0001281_14391335.jpg
a0001281_14393788.jpg
バイト戦士を引き留めることなく1975年へとジャンプさせたことで、バイト戦士がジャンプ後の世界で記憶喪失になることもなくIBN5100を手に入れるはずだったが、改変した世界でも手に入れることが出来ていないことに気づく。さらにバイト戦士は自殺ではなく病死するということになっていて、2000年で亡くなるという結果は変わっていなかった…。
しかも、まゆしぃが死ぬのも最初の歴史の24時間後になっただけという結果に途方に暮れるオカリンは再びクリスティーナへ助けを求める。事情を聞いたクリスティーナは「過去に送ったDメールを順に消去していけばIBN5100を手に入れた正しい世界線に戻ることが出来るはず」と自分の仮説を伝える。
そこでオカリンは次にフェイリスが送ったDメールを取り消そうとするが、Dメールの内容を知らされていないことを思い出す。雷ネットAB大会の決勝で負けてションボリしているフェイリスに事情を話すと「タイムマシンで決勝で勝てるようにしてくれれば思い出すニャン♪」と言うので仕方なくフェイリスに協力して決勝で見事勝利させることに成功する。
約束を果たしたオカリンにフェイリスは「Dメールは10年前に事故で死んだパパを死なせないために送ったもの」と説明。Dメールを取り消せと言うのはフェイリスパパが2度死ぬということで、とてもそんなことは出来ない。そこで、まゆしぃもフェイリスパパも死なないような内容のDメールを送るという賭けに出てみるが、改変された世界にオカリンは驚愕する…。
なんと未来ガジェット研究所が存在していない!当然ラボメン達とも全く接点が無くなっている。オカリンはフェイリスの彼氏で雷ネットABのデュエルパートナーとなっている世界になっていた。既にタイムリープマシンやラボメン達と過ごした世界を失っていたが、まゆしぃは死ぬことはなく、フェイリスパパも生きている世界線でオカリンはフェイリスと共に生きていくことを選択するところでEND。


世界を改変した時にダイバージェンスが大幅にマイナスの数値になって、世界が大幅に変わっていたのは大誤算だった罠。タイムリープマシンが無くなっている時点で詰んでるから、この世界線で生きていくしかないけど、ヒロイン個別ルートは切ない終わり方ばかりだなー。
それにしても、4℃との絡みは笑いっぱなしだった。オカリンとの厨二病対決は最高w
雷ネットABグラチャンの決勝戦が始まる時にかかる、雷ネット翔のOP曲がメッチャ格好良いよなー。サウンドライブラリで何度もリピートして聞いてますー。
それが運命石の扉の選択か…。エル・プサイ・コングルゥ。

あ、そうそう、購入者アンケートで意見欄には、Phantomも買うからデモンベインのリメイクお願いします、と書いといたぜ。
[PR]

  by rockside | 2009-10-24 23:44

<< シュタインズゲートが面白すぎる... シュタインズゲートが面白すぎる... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE