2009年 12月 05日 ( 3 )

 

逃亡中の押尾に絡む黒い人物

 執行猶予中の押尾に出たまさかの逮捕状。

 現在現役の犯罪者にもかかわらずその行方は依然と
 しれない。といっても多摩の実家にはほとんど戻っておらず
 自分の車で友人宅を転々とする毎日だったようだ。
 そしてクローズアップされる周辺人物。

 まず、押尾と同時に逮捕状が出た元マネージャー
 遠藤亮平。マネージャー遠藤は社長松浦の側近。
 そして3億の所得隠しで告発されたエイベックスの
 関連会社ミューズコミュニケーションを仕切っていた。
 田中さん死亡後の手際のよさからのうかがえるように
 その筋の人物。元暴力団員で現在も広域暴力団I会と
 繋がりを持っている。
 押尾事件後、形式上解雇されたが、事件直後に行われた
 エイベックスの慰安旅行(行き先はハワイ)には
 なぜか参加しているという・・。

 現在逮捕状がでたマネージャー2人、押尾のうち
 2人の所在確認は取れているという。 
 押尾は今後、保護責任者遺棄、もしくは遺棄致死容疑で
 再逮捕の可能性が高い。鳩山の献金問題のカモフラージュとも
 とれるこのタイミング。生け贄は押尾の死体か実刑か。
 それとも・・元総理の息子か。

(激裏)

さてさて、どうなっているのやらー。
実は押尾は某有力議員の息子の身代わりだったって噂もあるからなぁ…。
[PR]

  by rockside | 2009-12-05 19:25

将来重要な国、中国トップ=日本は6位に転落-米調査

 米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが外交専門家を対象に行った調査によると、米国にとって将来より重要になる同盟国・友好国に中国を挙げる回答が4年前の調査の3位からトップに躍り出た。対照的に日本は2位から6位に転落した。同センターが3日、調査結果を公表した。
 それによると、「より重要になる国」は、中国(58%)に続き、インド(55%)、ブラジル(37%)、欧州連合(EU=19%)、ロシア(17%)、日本(16%)の順。2005年の調査では、インド(43%)、日本(32%)、中国(31%)、英国(27%)だった。 
 一方、「重要性が低下する同盟国・友好国」のトップはフランス(18%)で、英国(17%)、日本(16%)が続く。ただ、一般の米国民の間で日英両国に対する好感度は高く、今回の調査でも、カナダの84%に次ぎ、英国77%、日本67%となった。
 さらに、一般国民が考える「世界最大の経済大国」は、中国が44%で米国の27%を引き離して1位となった。日本は13%で3位だった。
 調査は10月から11月にかけ、シンクタンク「外交評議会」のメンバーと一般国民を対象にそれぞれ行われた。(時事ドットコム)

まぁそりゃ米国にとって日本は金にならなくなったからってことだの…。
[PR]

  by rockside | 2009-12-05 16:15

12/04のつぶやきから

01:39 風呂入ったし、ちょっと腹減ったので夜食を摂りつつアニメの未読処理など
11:40 アニメ版11eyesのEDを見て思ったんだけど、シナリオの進み具合からすると、ツィベリアダの制服イベントって完全にすっ飛ばされてるなwあの制服姿はEDだけの幻になってしまうのかのう…
12:52 Playing Left 4 Dead. http://raptr.com/rockside_ex
14:19 PC用にXbox360 Controller for Windowsを買ったのでPC版L4Dで遊んでみた。使いやすくていいねー

a0001281_13241063.jpg
まぁ見た目まんま360のコントローラーと同一。試しにL4Dやってみたけど360と同じ感覚で出来るので( ・∀・)イイ!

Microsoft Xbox 360 Controller for Windows C8G-00003
[PR]

  by rockside | 2009-12-05 13:27

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE